組長へ

組長と腕組んで大久保通りに寝転がった4年前のあの日の、俺の眼に映った空の色を生涯忘れることはない。一日も早いお帰りをお待ちしています。 羽田克夫

もっと読む