高橋さんのこと


高橋直輝、というのが彼が僕に名乗ってくれた名前だった。

高橋さんは関東の反ヘイトカウンター活動を闘ってきた人のひとりで、僕は直接拝見したことはないが、身体に刺青があったり、ヤクザと呼ばれるような人たちの世界でキャリアを積んだりした人だということだ。

僕はその世界のことはわからないが、彼が人を分け隔てするようなことを何より嫌う人であることは実際に会ってすぐわかった。人を引き付ける独特の愛嬌があり、義侠心に厚く、そしてまた、お酒の席では決してアルコールに強いとは言えない僕よりも早く、飲んですぐ寝ちゃう人でもあった。

その彼が沖縄の基地反対運動の現場で逮捕されてから、もう半年以上になる。持ち前の行動力、影響力、そんなところに目をつけられ、運動の力をそぐために逮捕されたのだろうと思う。この長い間、彼が自由を奪われていると思うと本当に心が痛む。

そしてまた「自分たちは沖縄のたたかいを支援しに行っているのだから、あくまでも山城議長の奪還が先決だ」というスタンスを崩さなかった彼の仲間たちにも、心からの共感とエールを送りたい。

あまりにも大きな敵が、容赦なく牙をむき出しにしてきているこの時に、僕らは団結して立ち向かわなければならない。自分たちが背負っている何より大切なもの、正義と道理を守り抜くために。

るまたん