ハガキ作戦があれば、協力します


山城博治さんの時は、ネット上の呼びかけに応えて、那覇地方裁判所所長宛てに、「基地フェンス番線を1本切った位で、4ヶ月にもなる非人道的な長期拘束を止めて、保釈を認めて頂きたい旨の手書きハガキ」を出しました。添田充啓(高橋直輝)さんの場合も、 検察の「証拠の整理のためだけ」に、既に半年以上の拘束が続いているとのことですので、不当拘束ではないかと思います。また、山城さんの場合は、弁護士以外は家族も面会出来ないという理不尽な扱いを受けていたそうですが、添田さんの場合はそのような事はないでしょうか?全国の市民連合やIWJ等に、「添田さん保釈キャンペーン・ハガキ作戦」のようなものがアップされれば、協力させて頂きます。その際、不当拘束の状況を出来るだけ明確にして頂ければ、有難いと思います。  以上

片山泰都