サングラスが似合う漢


DAIKICHI飲もうぜ!!!
と連絡が会ってからもう半年が過ぎてしまいましたねww
高橋さんには卒論のことも含め、これまで本当に色々と助けていただいたのに僕の力不足で何もできず、こうういったメッセージしか送ることができない自分が本当に情け無いです。
僕は「男組」で卒論を書かせてもらったことをとても誇りに思っています。言葉ではいくらでも言えるかもしれませんが、本当に感謝しているのです。
僕には高橋さんのように芯の強さや不屈の精神はありません。けれど高橋さんの存在を、釈放されるまでの間多くの人に伝えることはできるはずだと思っています。
そして、一人でも多くの人に高橋さんの魂を継承していけるよう努めていけたらなと。

出てきたら、また飲んでどんちゃん騒ぎしましょうね!笑

DAIKICHI